私たちが肌の変化を感じた瞬間 7 Stories

ある出来事での肌変化

[Scene4 出産・子育て] 「お手入れに時間をかけられなくてもセルアドバンストなら肌も心も健康的でいられます

製薬会社事務 坂本 美樹さん

大学卒業後、製薬会社に入社。長男が1歳になったタイミングで職場へ復帰。4歳の娘と1歳の息子を育てながら、仕事と家事、趣味のフラダンスを両立させる。

製薬会社事務 坂本 美樹さん

仕事にプライベートに忙しい毎日が続き、20代前半は、肌アレしやすいのが悩みでした

ちょっと忙しい日が続くと、すぐにニキビが出来たり、部分的にカサついてしまったり、社会人になったばかりの頃は、とにかく肌アレに悩まされました。
マッサージをしたり、パックをしたり、肌体力をアップさせようと一生懸命頑張っていましたね。

しっとりもちもちの感触!憧れのツヤ肌に!

20代後半からセルアドバンストを使い始めたんですが、初めて使った時の感動は、今でも忘れられません。ローションを塗った瞬間、肌に手が吸いつくようなモチモチとした感触。“ふっくらとした柔らかい肌って、コレのことだ!”って思いました(笑)。
うっとりする癒しの香りも気にいっています。朝は、“今日も頑張ろう!”って気持ちになるし、夜は、一日の疲れを忘れてリラックスできます。

自分の時間は無くなりましたが、子育て中でも肌が元気で明るい感じ。

子どもが生まれてからは、お手入れにかける時間がなくなりましたね。お風呂上りも、子どもを着替えさせる前に、手でパッパッとローションを塗るだけなんです。セラムとクリームを塗るのは、一段落してから…ローションだけでも乾燥しないのがいいですね。
こんな時短ケアでも肌アレを忘れるのは、セルアドバンストのお陰だと思って感謝しています。