製品情報 | カバーマーク モイスチュアコート ジェル ジェルおしろい、誕生。メイク仕上げにのせる。水、満ちるツヤ肌へ。

おしろい=パウダーの常識を変える。ジェルおしろいって何?

なのに、パウダータイプのおしろいで仕上げてしまうと
何か物足りない。ほしいのは粉浮きカサつきのない、

つややかな仕上がり。

だから、
					カバーマークは仕上げ用のおしろいを、思い切って「ジェル」にしました。

カバーマーク モイスチュアコート ジェル

カバーマークの新発想

水分80%の「ジェルおしろい」が未体験のツヤ肌を叶えます

Point1 みずみずしい艶感
肌に触れると、瞬時に水のヴェールを形成する、独自のジェル処方を採用。ベタつき・粉浮きがなく、みずみずしいツヤ感のある肌に仕上げます。
ジェルおしろい仕上げの女性

ジェルおしろい仕上げ

パウダー(おしろい)仕上げの女性

パウダー(おしろい)仕上げ

Point2 美しさが持続
水のヴェールが、表情の動きによるファンデーションのヨレ・ハガレを防止。時間がたっても美しさが続きます。
Point3 乾きを知らない肌へ
80%が水分でできたジェルにセラミド(細胞間脂質)配合※。潤い感が続きます。

モイスチュアコート ジェル(ジェルおしろい)は下記の店舗でお求めいただけます。

博多阪急カバーマーク
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号
1階化粧品
GoogleMAPを見る
大丸福岡天神店カバーマーク
〒810-8717
福岡県福岡市中央区天神1-4-1
東館エルガーラ1階化粧品売場
GoogleMAPを見る
福岡三越カバーマーク
〒810-8544
福岡県福岡市中央区天神2-1-1 1階化粧品売場
GoogleMAPを見る

カバーマーク モイスチュアコート ジェル(ジェルおしろい)35g 5,000円(税抜)専用パフ付

# ジェルおしろい 体験レポート

80%が水分でできていて肌も潤ってツヤのある仕上がりになって感動しました◎ 今までに使ったこと無い新感覚な感じ!
最初は ベタつかないのかな?と思ったけど仕上がりもサラッとして個人的に好きな仕上がりでした◎
普段 粉浮きする人とかツヤ感のある肌にしたい方におススメです♡


いつもベースメイクはクッションファンデで終わっとったけどこれを最後におしろいとして付けると、さっとぬっただけでツヤも出るしジェルタイプやけん粉浮きもせんしお肌にピタッとするけんおススメです!


おしろいって粉じゃないの?って思ったけど、使ってみるといい感じのツヤ感が出ました。 ジェルタイプはベタつきそうなイメージがありますが、ベタつきではなくしっとりした肌触りで、粉浮きのない仕上がりにとても感激しました!


ぷるんとした質感で、ひんやりしたつけ心地。
乾燥肌やから粉っぽく仕上がるおしろいは今まで苦手やってんけど、ベタつかない独自のジェル処方で、表情の動きによるヨレもなく、素肌っぽくツヤツヤな仕上がりに♡
乾燥が気になりはじめるこの季節にぜひ◎
使いやすい…♡


モイスチュアコート ジェル(ジェルおしろい)は下記の店舗でお求めいただけます。

博多阪急カバーマーク
〒812-0012
福岡県福岡市博多区博多駅中央街1番1号
1階化粧品
GoogleMAPを見る
大丸福岡天神店カバーマーク
〒810-8717
福岡県福岡市中央区天神1-4-1
東館エルガーラ1階化粧品売場
GoogleMAPを見る
福岡三越カバーマーク
〒810-8544
福岡県福岡市中央区天神2-1-1 1階化粧品売場
GoogleMAPを見る

今までにないジェル状のおしろい、モイスチュアコート ジェル。ここでは、より美しく仕上げるための<br>使い方をご紹介いたします。

  • 動画で見る
  • 静止画で見る

ご使用方法

朝、ファンデーションをつけたあとに、お使い下さい。

  • ■普段ファンデーションの後に、パウダー(おしろい)をお使いの方は、パウダーの代わりにご使用ください。
  • ■パウダリーファンデーションの仕上げとしてもお使いいただけます。

容器の上部分に指をかけ、下に軽く押し下げて、中身を出します。

※初めて使用される際は、出てくるまで何度か続けてプッシュしてください。
※ジェルの吐出部を、パフで押さえたまま、押し下げないようにご注意ください。

容器の上部に指を掛けている写真

ここがポイント使用量

軽く1プッシュで、半顔分の量が出てきます(最後まで押し下げると全顔分の量が出ます)。
1プッシュ分を、半顔ずつ塗布してください(塗布方法は、後述の「つけ方」をご参照ください)。

パフにしっかりとなじませます。

パフにしっかりとなじませている写真

ここがポイントパフへのなじませ方

■なじませる時は、容器の上で。
パフにジェルの固まりが残らないように、容器の上でしっかりとなじませてください。
ここでパフにジェルがしっかりなじんでいないと、ムラづきや白浮きの原因となります。
パフへのなじませ方のOKとNGの写真

パフで、「トントン」と軽く押さえながら、肌全体にのせていきます。

パフで「トントン」と
						軽く押さえながら、肌全体にのせている女性

ここがポイントつけ方

■半顔ずつ塗布
一度に多く出して、顔全体を仕上げようとすると、ジェルが一か所に固まったり、ムラづきの原因に。半顔ずつ仕上げていくのがおすすめです。
パフへのなじませ方のOKとNGの写真
■つけ方
パフを、垂直にあてて、軽くトントンと押さえていくようにして、つけていきます。横に伸ばす・こする・強く押さえるなどは、厳禁。優しく押さえることでツヤのある仕上がりに。
■順序
あごから、頬→額の順に、下から上に向かってつけてください。
※小鼻など細かい部分には最後にスポンジに残った量で仕上げます。

紫色の下矢印の画像

仕上がり例

ジェルおしろい仕上げの女性

ジェルおしろい仕上げ

パウダー(おしろい)仕上げの女性

パウダー(おしろい)仕上げ

<ご注意>
ご使用後は、モイスチュアコート ジェルの吐出部(容器の上面)にジェルが残らないようにお使いください。

※ジェルが残ったまま固まると、次に使用する際に、飛び散るなどの原因となります(万が一、ジェルが容器の上で固まった場合は、お湯などで湿らせた布で拭きとって下さい)。

ジェルおしろいの使用順序

化粧下地

紫色の下矢印の画像

ファンデーション

紫色の下矢印の画像

チーク・ハイライト

紫色の下矢印の画像

Covermark Moisture Coat Gel

使い方がすぐにわかる動画配信中

ツヤは欲しいけど、もっとサラサラしたい方へ

応用編

ファンデーションのあとにパウダータイプのおしろいを普段通りつけた上から、ジェルおしろいを仕上げにつけると、よりサラサラ感を感じながら、ツヤのある仕上がりを叶え、仕上がりを持続させることができます。